フリーダイヤル: 0120 66 1742

営業マンに聞く!
年式が古いトラックでも大丈夫。中古トラックを高く売るコツ

海外では古いトラックの方が好まれます。理由としてはコンピューター制御されていないからです。
東南アジアは人件費がまだまだ安く、新入りの整備士で月給3万。なんでもできるベテランで7万円程度です。
人件費用が日本みたいに高くないのでなんでも時間をかけて直す…のが一般的です。
シンプルな構造を好み、壊れても修理するのです。いまどきのコンピューター制御のトラックは好みません。

よって壊れやすい部品などは日本から輸入してためておく会社もあります。部品で買うというよりキャブをぶった切ったままを買って現地でバラバラにします。
この理由も同じで日本で細かくするとコストが合わないからです。

海外の中古トラック業者の様子

関連サイト

中古トラック 建機|シグマインターナショナル株式会社

重機の買取・査定専門サイト 重機買取ドットコム公式ページ

シグマインターナショナルのクレーン車買取専門サイト | クレーン車買取ねっと

シグマインターナショナルの事故車トラック買取専門サイト | 事故車トラック買取ネット

シグマインターナショナルのフォークリフト買取専門サイト | フォークリフト買取ネット

バス買取ドットコム・全国無料査定実施中!

建機の買取・査定専門サイト 建機買取.com

シグマ インターナショナル 商人日記